my profile

自分の写真
全国から集めた上質な作家商品を取り扱うセレクトショップとプライベートブランドを運営。全国の百貨店催事や卸売で商品展開や営業代行もしています。こちらのブログでは立ち上げ12年を迎えた作家ビジネスについて語ります。

2017年3月22日水曜日

私の日本語が通じている

このブログは、仕事で「あーくっそ!」と思ったときに主に書いているため、たまにはご機嫌なときに書きます。
いつも怒ってるわけじゃないのです。
時々、私の怒りや苦しみを何も言わずとも汲んで下さり、そっと話掛けて下さる方がいらっしゃるのですが、本当に有り難いです。
特に何かを話すわけでなくても、仕事が出来る人と話すと、「話が通じている!!」と思って嬉しくなります。
地元の作家ビジネスに関わる方達でも、話が通じる女性がいつの日か増えてほしいものです(-_-)
その日まで頑張ります。

2017年3月21日火曜日

成功する人

20年近く社会人をやっていると、周りの友人達も様々な活躍をしているのを見せてくれます。
どの業界の人でも、友人の活躍を見させてもらえるのは自分のことのように誇らしく、楽しく嬉しい気分になります。
そういう人達は、必ず正しい努力を続けて来て、そして周りの人を大切にして来た人達ばかりです。必ずといって良いほど、努力家で、そしてあらゆる人に好かれたり可愛がられたりして来た人ばかりなんですね。
光るものを持っていて、それを偉い人に見染めてもらっても、自分より出来ない人を見下したり、自分だけが優秀で優遇されることは当たり前、と思っている人は、何年かはトップに居られるのですが、必ず転落しています。
だからもし、今隣にいる意地悪な人が、有能とされているけど性格が悪く人に感謝をしない人だったら、心配しなくても大丈夫。
勝手に一人で転落しますから。
私に意地悪したことを相手は覚えてないでしょうけど、私は覚えているんです。
自分は意地悪されている間にも、自分より有能な愛ある方々にしてもらって嬉しかったことを大切に積み重ねて、努力をコツコツ積み重ねるんです。いつか人に自分もシェアできる立場になったら、人にしてもらって嬉しかったことを相手にすれば良いのです。
人に感謝出来ない、意地悪ばかりする人間が、ずっとトップで居られるほど、世間は馬鹿じゃないのです(^^)

2017年3月20日月曜日

あきない

良い時も悪い時もずっと続くわけではないのが商売だと思います。
長い目で見ているのでそのときどきの結果に一喜一憂することは私はありませんが、昔はいちいち一喜一憂したものです。
今日買い物して下さったお客様が一年後も買い物して下さる保証はありません。だからリピートして頂けるように一所懸命接客して、お客様のために商品をお選びしています。だからリピートして下さったときには毎回心から嬉しいと思って感謝しています。
自分の売上の調子が良い時でも、隣の人は良くないかもしれないので、私は自分の店の調子が良くてもそれを隣の方に自慢するようなことはしないように心掛けていますが、嬉しくて時々出てしまっているかもしれません。
周りへの配慮は当たり前の心遣いなんですが、個人で仕事をしている方の中にはそうでもない方も結構いらっしゃるので、聞いてもいない自慢を聞かされることも時々あります。明らかに自分も調子良いときは一緒にキャーキャーしてしまいますが、そうでないときは、うーん、となります。相手はきっと嬉しかったんでしょうね。でも良い時も悪い時も、売上の話は人様に声高にすることじゃないと思います。 うまく行っている時こそ身を引き締めなければ。
上手く行っているときは苦しかった時期を乗り越えたことを、上手く行っていないときは笑顔を、そしてどんなときも周りへの感謝を忘れずにいたいものです。 それが出来ればこの先も必ず私の仕事は在り続けられると思います。

2017年3月7日火曜日

失敗談

つい最近、ある失敗を数ヶ月間(正式には作シーズン)続けていたことに気付きました。
失敗の大きな要因はすぐ潰したのですが、それに準じていた失敗要因に気付かなかったのです。
こんなすぐ分かりそうなことをなんで気付かなかったんだーーー!
私のアホーーー!
と思いましたが、過ぎてしまったことは仕方ない。数ヶ月間失敗し続けてたのに事業が潰れなくて良かったよね〜と思ってヘラヘラしてます。実際はヘラヘラではなくヒヤヒヤしてますが。 良いように考えれば、新たな仕事の仕方にチャレンジし続けていることにより、解決方法が分かったということなので、あとは徐々に解決していくだけだよね!ってことになりますが、中身のないポジティブシンキングは危険すぎるので、ちゃんと反省もしてます。
私は恐いもの知らずで、どんどん新しいことにチャレンジしたがる傾向があるので、失敗の数も多いんだと思います。結果というものは良くも悪くも数字に現れるので、新しいことにチャレンジして、やり方を間違ったりしながら学んで良いやり方に変えて行くので、一時的に数字=売上が下がったりします。
下がったときに、金銭面的にも、自分の精神力的にも、持ち堪えられるかどうかが勝負です。 持ち堪えられて、下がった要因が全て改善出来た時の、上への上がり方の振り幅はすこぶる大きいです。今までチャレンジして積み重ねて来た色んなことが、あるとき固まって大きな結果を運んで来るんです。こうなると強いです。 強いんですけど、お取引先様もロクな結果を出さない店にいつまでも構ってる余裕は無いので、失敗した場合にはいかに早く気付いて改善策を打ち出して結果に繋げられるかが勝負ですよね。
ひとつ今の私に言えることは、自分が表に出なくても商売が回るまでに事業と人材を育てる人というのは、とんでもなくすごいことだ!!!尊敬!!!ということです。 そして自分が今まで積み重ねて来た仕事というのは、そんなに簡単に他人に引き継げるものではなかったということも知りました。自分ってすごいでしょ!ってこととか、スタッフ達が出来が悪いとかでは決してありません。自分の底力を甘く見てはいけないことを思い知りました。
私は正直で信頼できる人たちと仕事して行きたいので、失敗の話も書いて行きます。意地悪な汚い人は要らないんです。 成功も失敗もどっちもしながら仕事をしています。 もちろん、本気の本当の失敗はたぶん書く余裕ないでしょうけど(^^)

2017年2月23日木曜日

素敵なことと、そうでないこと

某所に出張に行っておりました(^^)
とても良いイベントで、百貨店さんでの開催で、あんなに素敵な催事に出店させて頂いたのは初めて、というくらいに素敵な経験をさせて頂きました。
規模は全く違いますが、自分も企画をしたり出店者さんを取りまとめる仕事をする身の上なので、出店者さんにもお客様にも喜んで頂くというのはこういうことか、と勉強になりました。
イベントが多すぎて、寄せ集めで開催していることが伝わってしまうイベントが多い中で、そうではないという意気込みが伝わる仕事は魅力が有ります。
うちのお店は何処へ行っても、お客様はもちろん、ご担当者様にも、周りの出店者様にも、館内で働く方にも、毎度本当に良くして頂き、気に入ってお買い物頂き、毎日を楽しく過ごせています。本当に有り難いことです。
昨今は何でも「仕事」に出来てしまう時代です。10年以上作家業界の経験があるなら、もっと要領の良いやり方も出来るであろうことも分かりますが、私は一方的に何かを発信する仕事ではなくて、やる気のある素敵な人と一緒に仕事をして一緒に結果を出したいのです。今更自分が名声を得たいなどの欲はないので、相手が自分と仕事をすることによって活躍の場が広がるのを見せてもらえることこそ、とても嬉しいのです。
お客様からも、当店でメインに取り扱うアイテムをオシャレに取り入れることによって、「世界が変わった」「楽しくなった」なんて言って頂けることも、そのお客様がまた遊びに来てくださることも素敵な体験です。内職さんも、今まで趣味でずっとやっていたことを仕事に出来て、自分が製作に携わった商品がデパートで売られていたり、テレビで流れているのを喜んで下さってます。
作家さんから頂く手数料より、恐らくはるかに手伝ってしまうのがうちの店です。もっと手伝わないかもっと手数料を頂くべきなのかもしれませんが、お金はもちろん必要なので最低限頂きますが、その先の得るものを見ていれば、自分がどんな手段で仕事をすることが、自分も周りも幸せになるかは分かります。 甘い汁だけ吸おうと近寄ってくる人達もたくさんいますが、そういう人達が仮に上にあがっても、それはずっとは続かないことは分かります。
最終的には人柄だと思います。
私は人にお金を使うことが楽しいです。まだまだ私が使えるお金はたかが知れていますが、少しずつでも人のために使うようにしています。知り合いの作家さんの商品はほとんど一度は買ったり、知り合いのお店でご飯を食べたり。最近は知り合いから輪を広げて、何かの寄付を少しずつしたり。見返りを求めずに楽しんでお金を使う意識が大切です。
お客様はちゃんと見て下さっているのが分かります。
そして私もそこまでバカではないのです。だから私は長い目で見て、卑しい人達に負けることはないんです(^^)